セフレという関係は後ろめたいと思っている人は少なくなっている?

日本は性に対して隠したり恥ずかしいことという認識が強いです。

しかしセフレを作ることに対しても世間体的に後ろめたいと思う人は減りつつあると言われています。

セフレは世間体が悪い存在なのか?

セフレという存在は世間体が悪い存在なのでしょうか。

これは日本人の性格や気質も関係しているかと思います。性に対してオープンになることができないシャイな性格である。

外国でももちろん誰もがオープンとは言えませんが、それでも日本人よりはオープンであることは愛羅かです。性というのは楽しむことだという認識が日本人にはないです。

楽しめない理由は?

性に対して楽しむことができない理由、それは人によっても違いがあるでしょうけれど、例えば自分がしたいと思っているプレイをすることができないでいることも問題の一つでしょう。

自分がしたいプレイをパートナーになかなか言いだせずにいたり、また、女性は我慢して相手のプレイに付き合っていて自分はまったく楽しんでいないというケースがあります。お互いに楽しめる性であればもっと認識も変わります。

性欲を発散すれば変わる?

しかし楽しくないプレイを続けていても何も改善されませんので、今の時代上手に、性欲の発散を実現している人というのは存在しています。誰かとエッチを楽しみたい、セフレを作りたいという人が増えているのです。

そのためにセフレという関係についてあまり後ろめたさを感じなくなってきた人もいるでしょう。

後ろめたさは全くないということはないかもしれませんが、男女で楽しみながらエッチをする行為に対して恥ずかしさを感じない人が増えつつあり、それは日本の時代の流れということになるかもしれません。

また、最近だとライブチャットで性欲を解消する人も出てきています。イーショットなら気軽に生の女の子とエッチなプレイを楽しめますのでチェックしてみてください。

人によっては何人もセフレを作っている人も

セフレは一人でなければいけない理由はありません。

そのためにセフレは何人いてもいいのです。その代わり管理することができなければいけませんが、自分で管理することができるのであれば、何人作ってもいいでしょう。最初にセフレを作るまではなれませんから時間がかかるかもしれません。

しかし一人二人とセフレを作るうちにだんだんコツを抑えてきますし、そのままコツを使って上手に数人と関係を持っているという人もいるのです。セフレが複数いればそれなりにメリットは大きく、例えばですが、一人に連絡をして都合が悪くて二人目に連絡をしてまた都合が悪かったとしても、まだほかに連絡をする相手が居るのです。

ですからあなたが体の関係を持ちたいと思った日に、誰かしらセフレ候補の中から選べばいいので都合が合う人入るということです。一人だったら自分の都合で連絡をして無理だったらその日は我慢しなければいけませんが、その心配がありません。

また、一人の相手とばかりしていると飽きてしまうというデメリットもありますが、飽きずに楽しめるというメリットがあります。様々なプレイを相手を取っ替え引っ替えして楽しむことができるのでメリットは大きいでしょう。

もちろん先ほども言いましたが、セフレを増やしてもいいのですが管理だけはきちんと行うようにする必要があります。

管理ができていなければ意味がないのです。相手にも失礼ですし、自分も誰に連絡をすればいいのか、どうすればいいのかわからないままになってしまいます。管理能力がある人だけということになるでしょう。

出会い系サイトで探すにしても管理をしっかりとした上で見つけましょう。

以前はセフレという言葉そのものをこのように口にすることも恥ずかしいこととされていたのですが、時代は変わり現在は認識も変わりつつあり、日本人でも開かれた性を楽しめるようになりつつあると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です