セフレはどこで探す?生活圏内でも大丈夫?

セフレが欲しいと思ったらまずはどこで探すのか考える必要があります。

社会人で出会いを求めるといってもなかなか難しいですが、どこで見つけるのが良いのでしょうか。

職場は実は利用できる

職場は実は利用できる場所です。

出会いがないといっている人は職場でも出会いはほとんどないと思います。

職場でセフレを探すということはしていないかと思います。

しかしそんな中でもできるだけ番号やメールアドレス等の連絡先の収集はしておくといいでしょう。

今すぐにセフレを見つけなくても交換しておくだけでも意味があります。

その理由はもしかすると部署が変わることもありますし、相手か、どちらか仕事をやめる、会社を変わる場合にリスクなしでアプローチがすぐにできるからです。

一緒の職場で働いている時点でセフレにすると、もしそのアプローチを失敗したり関係が終了した場合は厄介です。

どちらかがその会社にいなければ別に関係はありませんし接点もないのです。

それなら出会い系サイトで出会ったのと同じなのではないでしょうか。

雰囲気が良い職場だったなら

もし最低限仲良しで同僚や上司、部下等の仲のいいグループの中に自分がいるのであれば、狙った女性と、とりあえずご飯に行くことを狙ってみましょう。

いきなり口説くのではなくてまずはご飯からです。

一番手っ取り早いのは飲みに行くことではないでしょうか。

仕事後でもいいと思いますし、休みの日にわざわざというのはお互いに難しくても、仕事のあとに飲みに行く程度なら誘いやすいでしょう。

社会人サークルについて

セフレを探す場所として社会人サークルに参加して探すという人もいますが、実際に見つけられるのでしょうか。

同じ趣味を持っている人同士が集まっているのですが、食べ歩き同好会、登山、サッカー等サークルで探すことは可能でしょうか。

これは実は最初からそのサークルにいるのなら可能ですが、セフレ探しの目的でサークルになってということになると難しいでしょう。

開設当初の初期メンバーなら大きい顔をしてコミュニケーションを取ることができるのですが、あとから入るとなるとそれだけで肩身の狭い思いをしてしまいますので、セフレを探すどころの話ではなくなってしまうのです。

出会い系サイトを利用する

自分が社会人でも学生でもどんな属性にいたとしてもインターネットで知り合うことが一番手っ取り早い方法ではないでしょうか。

効率が良いと言えるでしょう。

セフレ作りをするなら出会い系サイトを利用せずにしてどこで探すのかとまでも言われているほどインターネットで探す人は多いです。

慣れてきた人は単純な作業を繰り返すだけで常にセフレがいる状態でセフレに困らない人もいるとのことです。

生活圏内でリスクを伴いながらも知り合いの中からセフレを探すよりもさいしょから割り切った関係を求めて、そして知らない相手と出会ってセフレ関係になったほうがリスクは少ないかもしれません。

それほど深く考えずに、難しく考えずにセフレを作ることができるのもネットだからでしょう。

出会い系サイトの方がスムーズに効率よく見つけることが出来るという点だけは理解して、セフレを作るといいでしょう。

もちろん知っている相手の中から見つけたいという人は、今働いている場所や友達の中から見つければいいでしょう。

しかし生活範囲内で見つけると、恋人や配偶者がいた場合に、バレた時厄介なことになるということだけは理解しておいたほうがいいかもしれません。

生活圏内でセフレを見つけることは可能です。

しかし手間や効率を考えるとインターネットで見つけたほうがスムーズかもしれません。

どちらにしてもリスクは多少なりともありますので確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です